よく処方される飲み薬 @抗生物質・抗菌剤

よく処方される飲み薬 @抗生物質・抗菌剤

皮膚科で処方される飲み薬ですが、いくつかあるうちでよく処方されるものを紹介しましょう。
抗生物質(抗菌剤)は、ニキビの原因となるアクネ菌やその他の菌が増殖しているのを抑える薬です。ミノマイシン、テラマイシン、エリスロマイシンバナン、ルリッド、クラリシッドが処方されることが多いようです。
これらの薬で体調不良になったことがあるという人は、しっかりとその情報を提示できるようにしておきましょう。
というのは、抗生物質というのは副作用が起きる人も一定割合以上いる薬なのです。それだけ効き目もある薬ではありますが、いくつかの副作用を感じながらその効果があるために使い続けているという人もいたりします。しかし、そのような使い方はお勧めできる使い方ではありません。
また、同じ抗生物質でも少しづつ内容が違って来ますので、もし処方された薬で副作用が起きてしまった場合は、酷い場合はクリニックに電話することが望ましいですし、そこまでない副作用の場合は次の診察のときに状況を伝えることが大切となります。
いずれの場合でも、自己完結してしまわないようにして下さい。
よくある副作用ですが、消化器系の症状が多いようです。腹痛や下痢、吐き気といったものが多く報告されています。しかし、これ以外の症状が出た場合でも副作用の可能性がありますから報告だけはするようにして下さい。