よく処方される塗り薬 @

よく処方される塗り薬 @

おしりニキビの治療で塗り薬の処方は一般的です。そして、これを面倒がらずにしっかり行えるかどうかというのは、おしりニキビの完治と比例して来ます。
次の診察で治りが悪い人が、医師に「ちゃんと薬塗ってますか?」と聞かれてしまいますが、ときどき忘れてしまったり、面倒だから今日はいいや!となる人は治り具合を見れば医師にはすぐにばれてしまうらしいですよ。
継続することが結果として繋がりますから、しっかり塗りましょうね。塗りにくいという場合もあるでしょう。家族に手伝って貰ったり、鏡を使うなりすれば外用薬も問題なく使うことができるでしょう。
ポイントポイントをしっかり塗りたいときには、綿棒を使うと効果的ですし、手も汚れません。

 

リンデロン/ダラシン/ディフェリン
ステロイドを使用している軟膏です。ステロイドというと、100%使用しない派という人もいるようですが、そのような人は医師に事前に伝えておかなければなりません。
やはり、おしりニキビの程度があまりに酷い場合には、このようにリンデロンを処方されることもあります。
医師によっては、はじめは弱めの薬を処方して効果があまり見られないというときに、ステロイド系の薬を処方するというパターンもあるようです。
こればかりは医師の考え方によって変わることですが、ステロイド剤というのはビックリするくらいに効果を発揮することは確かです。
しかし、その反面使わない派がいるように、副作用についても報告がありますから、使用しておかしいなと思ったらクリニックに連絡することをお勧めします。